時変係数行列での微分方程式の解法

11 views (last 30 days)
koya tanaka
koya tanaka on 9 May 2019
Edited: Tohru Kikawada on 11 May 2019
いつもお世話になっています。
微分方程式系の求解の【行列形式での微分方程式の求解】を参考にして、
こちらの式(17)を実際に解きたいと思っています。
MATLABのページにおけるAが3次の正方行列、Bが零行列(もしくは存在しない)になります。
しかし、行列Aの要素が前回の計算の結果を利用しているので、どのように
要素に前回値を反映させればよいのか分かりません。
どこか見落としがあるのかもしれませんが、ご教示願います。

Accepted Answer

Tohru Kikawada
Tohru Kikawada on 9 May 2019
Edited: Tohru Kikawada on 11 May 2019
非線形の偏微分方程式のようですので下記が参考になるかもしれません。 https://jp.mathworks.com/help/symbolic/examples/solve-a-partial-differential-equation-tsunami-simulation.html
また、このような複雑な運動方程式は解析的に解けない場合があります。その場合はMATLABの数値ソルバー、もしくはSimulinkがおすすめです。

More Answers (0)

Categories

Find more on 一般分野への適用 in Help Center and File Exchange

Tags

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!